Viscomフォーラム2018の焦点は人工知能

ハノーファ2018 年3月 – Viscomは2018年16~17日、ネットワークや科学について討論するイベントのテクノロジーフォーラム2018をハノーファ本社で開催します。毎年開催されるこのイベントは参加者から多くの高い評価を受けています。今回は、人工知能(AI)やビッグデータ、ディープラーニングに焦点が置かれています。目下話題が集中しているこのテクノロジートレンドが現在既にどの分野で具現されているのか、また将来的に生産にどのように影響を及ぼすかについて、産業界や研究・開発分野のエキスパートが解説します。

無欠陥組立部品を検出するインテリジェントで高精度の検査システムを製造するグローバルメーカーのViscomによるライブデモンストレーションでは、プリント回路基板自動検査における検査プランプログラミングや検証に対する人工知能、ディープラーニングによる一大変革が示されます。これと並行して、Viscom高性能3D検査ソリューションが示されます ー 自動光学検査、X線検査、ワイヤーボンディング検査、スルーホール技術(PIH)およびコンフォーマルコーティング ー デモンストレーションセンターは終日オープン。
ハノーファ・ライプニッツ大学教授ボード ローゼンハーン工学博士の講演も予定されています。マシンラーニングに関する現時点のアプローチについて発表されます。パネルディスカッションでは種々の視点から人工知能のテーマについて深く掘り下げて検討されます: 専門誌「c‘t」編集デスクのヨー バーガー氏が、産業界や研究分野のエキスパートと共に、AIのチャンス、リスク、要望、現実について議論を進めます。パネラー: IBM社ドイツR&Dのマティアス ディーテル氏、ミュンヘン工科大学教授サミ ハダディン工学博士、VDMA Robotik + Automation社専務パトリック シュヴァルツコプフ氏、MVTec Softwareの創設者並びに研究所長のカルステン シュテーガー博士教授、Viscom(株)設立者で取締役のフォルカー パーペ。
データサイエンティストのダヴィッド クリーゼル氏が基調講演されます。氏の専門分野は週刊誌「シュピーゲル」のデータマイニングです – ビ
ッグデータは我々に何を語るのか。テクノロジーフォーラム参加者には「シュピーゲルオンライン」からダウンロードした約100,000の記事から獲られた驚くべき結論が示されます。
もう一つのハイライトは、ライブ体験できるNokiaの「ボックス内の意識的ファクトリー」です。貨物コンテナの中でネットワーク形成された生産ラインが、わずか数時間で輸送準備され、異なる立地場所でフレキシブルに使用可能です。
今年のViscomテクノロジーフォーラムへの参加登録は2018年4月9日迄に、www.viscom.com で行ってください。



Viscom社について

Viscom(株)は卓越した検査システムを開発・製造・販売しています。事業ポートフォリオは光学検査およびX線検査全域を包括しています。弊社は電子機器製造向けのコンポーネント検査分野においてグローバルサプライヤーとして先導しています。Viscomシステムはカスタムメイドに構成でき、相互にネットワーク形成できます。本社および工場はドイツ、ハノーファー。更に、世界各地に支社や、アプリケーションセンター、サービス拠点、代理店を置いて事業展開しています。創業は1984年で、2006年からはフランクフルト証券取引所上場企業です(ISINコード: DE0007846867)。詳細情報は右記サイトでご覧頂けます: www.viscom.com

Zur optimalen Darstellung der Webseite muss Javascript in Ihrem Browser aktiviert sein.

このウェブサイトでは利用者に適切なサービスを提供するためクッキーを使用しています。 当社ウェブサイトを再訪する利用者はクッキーの使用を承認することになります。
确定