X線検査 (AXI/MXI)

X線検査は非破壊方式の欠陥検出が要求されるあらゆる領域に採用されます。適用領域はクラックや気泡混入等の材料検査から異物や形状誤差検査等の多岐に及び、種々の産業分野で多様且つ広範に採用されます。電子産業においても小型ハウジング加工の増加や、コンポーネントを実装基板内部に取り込む傾向にあり、隠れた欠陥を確実に検出し、且つ費用効果の高い品質検査が求められます。

Viscomはこの種の応用領域に最適なソリューションを開発: Viscom検査システムX8011-II PCBは、小規模生産やプロトタイプ製作、プロセスの最適化、サンプル分析等、ユーザー固有のNDT(非破壊検査)に適しています。X8011-II PCBはエレクトロニクス部品の検査要求に具体的に対応。

X8011-II PCB製品ファミリーはオフラインで稼働し、手動、半自動あるいは完全自動によるX線検査が可能です。このシステムの核心を成すのが、Viscomが開発・自社製造する透過型マイクロフォーカスX線管で、解像度や安定性、寿命等に関するいかなる厳しい要求も満たします。このX線管はサブミクロン領域にも適用可能です。世界有数のグローバル企業がViscomX線管をOEM製品に採用して確実な成果を上げています。3次元ビジュアル化やスライス画像評価には自社製のコンピュータ断層撮影(CT)を提供しています。

片面あるいは両面実装型基板の自動的インラインX線検査にはAXI-システムのX7056またはX7058を提供しています。X7056は最高精度での細部識別や欠陥検出を可能にします。用途次第で3D、2.5Dまたは2D-X線技術を採用することで、最高度の検査精度およびサイクルタイムを達成します。オプションでAOIユニットも装備でき、コンビタイプのAOI/AXIシステムとして使用できます。これに対してX7058は、複雑な回路基板を両面100 % 3DでX線検査します。独特の操作コンセプトにより、大型コンポーネントも超高速で全面的に検査します。 

X7056RS
X7058
X8011-II PCB
X8068

Zur optimalen Darstellung der Webseite muss Javascript in Ihrem Browser aktiviert sein.

このウェブサイトでは利用者に適切なサービスを提供するためクッキーを使用しています。 当社ウェブサイトを再訪する利用者はクッキーの使用を承認することになります。
确定