メニュー

ハンダペースト検査 | 3D-SPI


保護コーティング検査


光学検査 | デスクトップタイプ


ソフトウェアソリューション


ニュース


新しいメディアテークをご覧ください

製品パンフレットや、ホワイトぺーパー、使用事例などをここでご覧になれます

>メディアテークへ進む

種々の保護コーティングに対する効率的でフレキシブルな品質検査

貴方はここにいます:

最高度の製品安全性を確保

コンフォーマルコーティングは、安全性に関わる機能を果たす電子コンポーネントが製品やシステムに搭載されて場合に特に重要です。回路基板に塗布されたコーティング剤は、汚れや、埃、湿気、結露、温度差等の環境要因から基板を保護します。実装密度や小型化が加速する中で、保護コーティングは不可欠です。保護コーティングの絶縁効果により、回路の相互間隔が低減することに加えて、最終生産物の性能を高めます。
回路基板の占める範囲が大きい気場合、保護コーティング、欠陥、平坦表面等の有無を検査するためには、様々な種類の保護コーティングのインライン自動光学試験専用に設計されたCCI検査が適切です。

確実で熟慮されたCCIソリューション

Viscomは乾式または湿式検査のいずれにも迅速で確実な検査ソリューションを提供しています。Viscom CCIシステムは、種々の保護コーティングに簡単に適応可能です。あらゆる種類の保護コーティングを入念に監査 ― ベース材質として、シリコーンやアクリル、化学混合物、エコロジカルラッカーが用いられます。この高性能システムは、保護コーティングの多様な欠陥や厚さを高精度で検査します。一般的にラッカーメーカーは、製品に紫外線蛍光粒子を混合するため、この検査システムではUV照射されます。ひっかき傷や、気泡、荒れた表面、コーティング過多・欠如等の様々な欠陥や、ラッカー自体の欠陥がUV照射で可視化されます。傾斜配置されたカメラシステムにより、保護コーティングの損傷や不正確・欠陥が検出される他、照明可能な可視空間も正確に記録されます。

通常の直交ビュー
高密度の直交ビュー
高密度のアングルビュー
UV直交ビュー

利点の一覧

  • スピーディで確実な乾式および湿式検査
  • 最高8個の斜視図カメラ
  • 種々のコーティングに容易に適合可能
  • 多様な欠陥検査
  • コーティング密度の高精度検査

ダウンロード