メニュー

ハンダペースト検査 | 3D-SPI


保護コーティング検査


光学検査 | デスクトップタイプ


ソフトウェアソリューション


ニュース


新しいメディアテークをご覧ください

製品パンフレットや、ホワイトぺーパー、使用事例などをここでご覧になれます

>メディアテークへ進む

CCI

最適な保護: 蛍光型保護コーティングの自動検査

[Translate to Japanese:]
CCI
貴方はここにいます:

S3088 CCI ー 敏感な電子部品に向けた確実な絶縁保護コーティング検査

自動車・航空・医療・テレコミュニケーション分野における工業用最終製品の機能性は厳格に検査されることが求められています。ハンダ処理後の回路基板の電子接点は、絶縁保護コーティングによって、湿気や腐食、汚れ、その他の環境要因等から保護されて、確実な製品の長寿命を確保します。viscomの自動絶縁保護コーティング検査は、回路基板上のコーティングの存在や、表面の無欠陥性、コーティング厚を検出します。S3088 CCIシステムはUV-LEDを搭載し、絶縁保護コーティングとコーティングされていない領域のコントラストを明確にします。最大ピクセル15 μm/ピクセルの解像度で、超薄塗りや、反射の弱いシリコーン含有コーティングも含めて、亀裂や、気泡、汚染、ラッカー飛散が明瞭に可視化されます。105 mmの上部通過クリアランスにより、薄型組み立て部品の最終検査を自在に行えます。

検査範囲

  • 絶縁保護コーティングの欠如や不具合を正確に検出
  • 種々の保護ラッカーに簡単に適応可能
  • 最大105 mmの上部通過クリアランス
  • 部品ピンを確実に検査するための斜視図
  • 湿式検査により保護ラッカー乾燥前のチェックが可能
  • 反射の弱いコーティングを正確に検査する高性能・高出力特殊LEDを装備したHighDensityカメラモジュールをオプションで提供
  • 3D膜厚点計測
  • グローバルライブラリ、グローバルキャリブレーション: 全システムに移譲可能
  • 統合的検証によって検査プログラムを最大限に最適化
  • グローバルライブラリ、グローバルキャリブレーション: 全システムに移譲可能
  • 検証、オフラインプログラミング等々
  • プロセスの全面的統計分析
  • 分析ツールを搭載したViscom独自のリアルタイム画像処理
  • 高性能OCRソフトウェア

 

絶縁保護コーティング: 標準型および特殊コーティング
領域: 乾式および湿式検査、コーティングされた領域の完全性およびラッカーの欠如、コーティング厚計測
欠陥: ラッカーの飛散、汚れ、ひっかき傷、気泡、粗い表面
システム寸法  
システムハウジング: 994 mm x 1565 mm x 1349 mm(幅 x 高さ x 奥行き)
   
センサー  
直交カメラ: 8M4-105-UV(白色およびUV-LED)
画像サイズ: 38,9 mm x 29,2 mm
解像度: 約15 μm (ズーム)、約30 μm (標準)
メガピクセルカメラの数: 4
   
斜視図: メガピクセルカメラ4個(UV-LED)
画像サイズ: 45,4 mm x 41,3 mm
解像度: 約17.5 μm
   
検査  
検査法: UV-LEDを装備したAOI
検査速度: 約20~40 cm²
   
ハンドリング  
基板寸法: 508 mm x 508 mm
   
ソフトウェア  
ユーザーインターフェース: Viscom vVision/EasyPro

製品S3088 CCIの動画

動画をロードすると、YouTubeの個人情報保護に関する声明を承認します。

もっと詳しく知る
動画をロードする