メニュー

ハンダペースト検査 | 3D-SPI


保護コーティング検査


ソフトウェアソリューション


ニュース


新しいメディアテークをご覧ください

製品パンフレットや、ホワイトぺーパー、使用事例などをここでご覧になれます

>メディアテークへ進む

貴方はここにいます:

ソフトウェア vVerify: 時間を節約し、検査結果をより確実に分類

ハンダペースト検査、自動光学式検査、自動X線検査に対する使い易い検証ソリューション

電子部品の製造においは、画像データで検出された欠陥を基に良品/不良品を分類し、製造品質や効率性を持続的に向上する検証工程が重要になります。ハンダペースト検査やAOI、AXI、AOXI等の検査結果データは、検証ステーションで処理されます。検査結果が事前にプログラミングされた許容値を超えた場合は、Viscomソフトウェア vVerifyにより、良/不良パターン画像データベースと瞬時に比較されます。IPC準拠の検証データベースにより、現時点のパラメータ設定や閾値が、保存された欠陥画像を正しく分類できるか自動的に確認されます。発見された欠陥は必要に応じて再分類可能です。

このソフトウェアのメニュー項目に真欠陥として、パーツ欠如や、ミスアラインメント、ハンダエラー等の全ての欠陥種類が一覧されています。検証が完了した後、統計データや画像データを統計的プロセス・コントロール(SPC)や、検査プランを最適化する統合的検証、更にはプロセス管理に向けたMESシステムに更に送ることが可能です。

最新のグラフィックインターフェースは、ウィジェットの配列や大きさ、選択等をオペレータが固有に適合可能なため、整然として効率的な検査検証が確保されます。

[Translate to Japanese:] Viscom e-learning

直感的で、素早い学習が可能

Viscomは、vVisionとSIのソフトウェアトレーニングの中で、vVerifyのトレーニングを行います。vVerifyは、直感的で容易に操作できるため、世界中のオペレータがこのツールをEラーニングでも学習できます。オンライントレーニングはViscomユーザーに無料で提供され、時間や場所に制約されずに何処でも利用出来ます。参加と登録は、Viscomのログインフィールドで行います。

利点の一覧

  • 擬似欠陥の最適化を簡素化
  • 実欠陥の確実な検証
  • 検査漏れの回避
  • オンライントレーニングによって スピーディで、簡単、柔軟に学習可能