メニュー

ハンダペースト検査 | 3D-SPI


保護コーティング検査


ニュース


新しいメディアテークをご覧ください

製品パンフレットや、ホワイトぺーパー、使用事例などをここでご覧になれます

>メディアテークへ進む

インテリジェントにネットワーク形成されたViscomシステム: インダストリー4.0に適用可能

[Translate to Japanese:]
貴方はここにいます:

デジタルファクトリーに対するにConnected Factory Exchange

ViscomはIPC CFX (Connected Factory Exchange)を当初からサポートしています。 ― SMTラインにおけるMESシステムとの情報交換に向けた世界規模のIoT通信規格で、約150の業界有力企業が規格化された初の業界のIoTネットワークを発案した規格委員会に属しています。CFXは100ライセンスフリーのオープン通信規格で、ハードウェアもミドルウェアも必要ではありません。IPC CFXは、コストや複雑性の低減に向けて全面的透明化を実現する他、現代の電子部品製造における機械稼働の容易な最適化を可能にします。

効率的な生産制御を実現するため、Viscomはハンダペースト検査、AOI、AXIシステムをIPC CFXインターフェースを介してMESインフラストラクチャに統合しました。それによって規格化されたIoTデータがクラウドを介して直接、携帯電話やタブレット端末で使用可能になります。設備全体の効率性や数量、およびそ検査システムのその他のステータス情報等の分析レポートがリアルタイムで表示されます。

詳しくは右記をご覧ください: https://www.ipc.org/ipc-cfx

IPC CFXによるIoTデータエクスチェンジ:

  • プラグ・アンド・プレイ、オープンソースソリューション
  • 現代のインテリジェントで、デジタル化されたインダストリー4.0ソリューションに適合
  • 自動・半自動、手動を問わず、どのプロセスも結合
  • 定義化されたデータ内容および規格化されたメッセージ構成